ヘッドライトを点灯しないまま運転しているヒトが目立つ

6時半過ぎに駅から家に向かう道すがら行き交う車の流れを見て考えた。

クルマの照明は一義的には自分が進む前方の状況を目視で認知するのを助ける為にある。そう思っている人が多いことは明かるい都会に居るとよく分かる。いい加減暗くなってもヘッドライトを点灯しないまま運転しているヒトが目立つのだ。

こういう人は自分のクルマが他の人からどう見えているかについてイメージ出来ていないんじゃないかと思う。言うまでも無いがヘッドライトの光は他 の人から自分を認識してもらうためのものでもあるのだ。田舎道ならリアルに暗くなるので言われなくてもヘッドライトを点灯しなければ走れたものじゃない が、都会では照明が多いので暗さに目が慣れてきたドライバーからはそこそこ周囲の様子が見える。その事が周りのヒトも自分のことを同じように見てくれてい ると思い込ませてしまうのだと思う。

日が沈んだらヘッドライトを点灯しましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>